広島県の観光地、芸北備北地方の見所

ここでは広島県の観光スポットについて紹介しています。次は広島県の北西部、嘗ての安芸国の北部に当たる芸北について紹介します。
芸北の見どころ
広島県北部は降雪量が多く、その為スキーやスノーボードが楽しめるスキー場が多数あり、冬は数多くのスキーヤーでにぎわっています。また温井ダムや土師ダムでは、年間を通してサイクリングが楽しめます。また安芸高田市にある郡山城跡等、当地の戦国大名である毛利氏ゆかりの史跡も点在しています。また山陽自動車道の広島ICから芸北エリアにある中国自動車道戸河内IC、高田IC、それに浜田自動車道大朝ICまでは約30分から40分と非常に近く、気軽に遊びに行ける利便さが有ります。従ってこうした便利さが、アウトドア派&歴史好きの遊び心をくすぐり続ける理由となっています。
芸北の神楽
芸北地域で活動する神楽団は100団体余りも有ります。総数70演目余りが現在にも伝えられていて、年間を通じて毎月のように大会が開催されています。神楽と温泉、それに宿泊施設が融合した「神楽門前湯治村」は、この地域ならではのテーマパークとなっていて、いろいろな楽しみ方ができます。
芸北のスキー場
先に紹介したように、広島県北部は冬は豪雪地帯でもあります。従って多数のスキー場が揃う芸北エリアには、スキーの初心者から上級者までが楽しめるコースが勢揃いしています。また人工降雪機のあるゲレンデや、ナイタースキー、早朝スキーが満喫できる施設も有ります。ウインタースポーツを存分に味わえる環境が整っています。
広島県内を四つのエリアに分けて、それぞれの観光名所について紹介しましたが、最後は備後地方の北部、備北地方について紹介します。
備北の見どころ
備北の見所は、何と言ってもまずは豊かな自然にあります。例えば広大な土地に色とりどりの花が咲き誇る国営備北丘陵公園、それに日本一の天然橋を誇る帝釈峡・雄橋(おんばし)等があって、そうした自然美が魅力となっています。またこれ以外にも温泉や美術館、それにワインが楽しめるワイナリー等の観光スポットも多数有りますので、まるごと1日かけてたっぷり遊ぶのが秘訣です。山陽自動車道の広島ICから中国自動車道の三次、庄原ICまでは車で1時間前後で行くことができます。JRならば広島駅からJR芸備線に乗れば約2時間で、備北の豊かな自然の宝庫に到着できます。
備北の鵜飼
鵜飼は400年以上の伝統を誇る、広島県の県北の中心、三次市の夏の風物詩です。毎年6月から8月にかけて、灯りに照らされた川面で繰り広げられる鵜飼の様は、幻想的な雰囲気をも醸し出しています。また中国四川省・雅安市から贈られた白い鵜が鵜飼で活躍する姿は全国でも貴重です。
備北のスキー場

芸北地方と同様、広島県の備北地方にも数多くのスキー場が有ります。春遅くまで楽しめるゲレンデやクアハウス付きリゾート施設、それに山の頂上から中国山地のパノラマを見渡せる雪山等、実に個性豊かなスキー場が揃っていて、スキーヤーの憧れになっています。また冬だけではなく、夏場でも人工芝でスキーができる施設も有って、一年中スキー三昧に浸ることができます。

注目サイト

2017/3/17 更新

Copyright (C) 2008 自然豊かで見所豊富な広島県を訪れてみませんか. All Rights Reserved.